HOME > 地域協働 > まちの交流拠点を活用した困難を抱える青少年の就労支援事業

 

まちの交流拠点を活用した困難を抱える青少年の就労支援事業

石川町オープンデスク
平成26年度の年賀寄付金配分事業として困難を抱える青少年の就労支援として体験型の就労実践の取り組み”まちの職人から学ぼう!「石川町オープンデスク2014」を実施しました。

 

漆喰、活版印刷、和菓子や和食、まちの職人、クリエーター等、まちの職人を講師に12講座を開校しました。身近な職人から学ぶ講座の実施はより細やかで深い住民との関係づくりになったように思います。平成24年度に実施しました「場」の再生・「人」の再生事業から丸2年経ちました。その当時より店舗も増え、昨年より石川町・ひらがな商店街において「裏フェス」が実際されるまでになりました。静まり返っていた街並みもいつしかかつての賑わいをみせていた商店街も静かな街並みに変貌、行きかう人も足早に通り過ぎていきます。そんな「まち」をさまざまな視点、切り口でみていき始めていました。さらに今回の講座からインターン生も誕生し、活版印刷の修行に入りました。そのインターン生からのメッセージを紹介したいと思います。多くの方々の多大なご尽力、”ひらがな商店街アートスペース「と」“におきましては講座会場として「場」を提供していただきましたこと、本配分金事業が「空き店舗のリノベーション」から始まり、「人」の再生、「まちの活性化」につながりましたことに改め感謝しております。さらに本配分事業の申請に際しましては神奈川県県民部青少年課の推薦をいただきました。

 

こうしたさまざまな方々のご尽力とご協力に感謝し、これからも誰もが暮らしやすいと思える環境づくりに努めてまいります。(理事:今井嘉江)
本事業実施施設:ひらがな商店街アートスペース「と」
インターン生からのメッセージ(一部):今回の活版印刷の職人から学ぶ講座でのインターンは、仕事に向き合うための姿勢を自分でどのように見据えるか、また自分がどんな目的を持って生きていくのかを考えるきっかけとなりました。