HOME > 地域協働 > 2014年度「多文化で考える防災・減災講座術」~情報アンケート

 

2014年度「多文化で考える防災・減災講座術」~情報アンケート

2014年度フォーラム南太田地域出前事業を実施するにあたり、外国人女性の防災情報把握状況とニーズを探るために市立小学校、幼稚園や地域子育て支援拠点など6施設で実施。

アンケート調査からは「情報ソースの不足・防災に関する経験不足」がわかった。言葉の壁と防災教育がなされていないことからくる関心の低さが見て取れる。危機意識がないわけではないが、忙しい日常のなか後回しにされているということが想像される。「忙しい暮らしの中でもすぐに理解できる形で防災に関する情報をこまめに外国人女性にむけて発信すること」、また、「外国人も参加しやすい形での防災訓練を実施すること」などの重要性を感じる結果となった。

情報アンケート報告書(PDF)

情報アンケート調査結果データ(PDF)

 

 

またより多くのデータを確保するために、アンケートは簡単な日本語の他に中国語・韓国語・タガログ語・英語に翻訳し配布した。

かんたんな日本語版アンケート 質問紙(PDF)

中国語版アンケート 質問紙(PDF)

韓国語版アンケート 質問紙(PDF)

タガログ語版アンケート 質問紙(PDF)

英語版アンケート 質問紙(PDF)

 

講座全体の概要へ戻る